広告

ADHDと自閉症スペクトラム障害の合併と診断された息子の特徴

ADHDと自閉症スペクトラム障害の合併と診断された息子の特徴

   この記事は発達障害(ADHDと自閉症スペクトラム障害)の息子さんを育てている女性に書いていただきました。 …….  息子がADHDと自閉症スペクトラム障害の合併と診断されていますので、その特徴を中心に書いていきます。 療育センターに行くきっかけ  市の実施している一歳半検診の時に...

息子のADHDの症状は注意欠陥と衝動性が強く、多動性は弱い

息子のADHDの症状は注意欠陥と衝動性が強く、多動性は弱い

  ADHDは脳の機能トラブル  ADHDの正式名称は「注意欠陥多動性障害」。「注意欠陥(注意力の欠如)」・「多動性」・「衝動性」の3つを主な症状とする先天性の脳の機能障害です。誤解されがちですが、親の育て方や本人の性格などのせいで起こるのではありません。  どの症状がどの程度強く出るのかは、個人差がとても大...

ADHDだと診断された時の気持ちは?虚無感か安堵感か

ADHDだと診断された時の気持ちは?虚無感か安堵感か

  ADHDの診断が下りるまで30年以上もかかってしまった女性へインタビューをさせていただきました。  この記事は「ADHDの診断が下りるまで30年以上。きっかけは栗原類くん」の続きです。 ………………  ADHDであったため、幼少期より...

ADHDと診断される前の気持ちを小学2年生の息子に聞いた

ADHDと診断される前の気持ちを小学2年生の息子に聞いた

 この記事は小学2年生の息子さん(ADHD)を育てている母親に書いていただきました。まだ、小学2年生ですが、色々なことを考えていることが分かります。ぜひ、小さなお子さんがいる方は参考にしてください。子供がどんな気持ちでいるのかが分かると思います。 …………… ...

ADHDが判明した経緯と会社へのカミングアウト

ADHDが判明した経緯と会社へのカミングアウト

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……..  私は34歳の時に発達障害が見つかりました。それまでは、大学を卒業し一般企業に勤めの生活を送ってきましたが、ある日メンタルクリニックの先生から発達障害のADHD(注意欠陥・多動性障害)を言い渡され人生が大きく変わり始めました。 ADHDと...

ADHDの性質をカバーするために行うべき対策とは

ADHDの性質をカバーするために行うべき対策とは

   この記事は発達障害のADHDと診断を受けた20代の女性に書いていただきました。 …….  私は発達障害のADHDですが、衝動性は少なく、「不注意性」が優位な性質を持っています。衝動性が少ないのは恐らく大人になってからコントロールする術を身に着けたからです。小学生時代は思ったことを...

発達障害のADHDとはどんな障害なのか。脳が関わっています

発達障害のADHDとはどんな障害なのか。脳が関わっています

   「発達障害」は小さいお子さんがいない家庭ではなかなか聞き慣れない言葉ですが、最近になってようやくTVや雑誌などでも取り上げられる機会が増えてきました。しかし、言葉は知っていても、どういった障害まで知っている人は少ないように思います。ここでは発達障害の中でも特に多い「ADHD(注意欠陥多動性障害)」の特徴...

発達障害の二次障害により自傷行為を繰り返す

発達障害の二次障害により自傷行為を繰り返す

  この記事は発達障害の学習障害(LD)とADHD(注意欠陥多動性障害)を抱えている20代の女性に書いていただきました。さらには二次障害により自傷行為もしていましたが、今では結婚して幸せに暮らしています。 ………..  小学生の頃から、私は生きづらさを感じていました。どんな...

Return Top