広告

発達障害児が受けられる支援の種類とその問題点について

発達障害児が受けられる支援の種類とその問題点について

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 …………  発達障害児が抱える課題は、一人一人全く異なります。自閉スペクトラムに注意欠陥障害、多動性障害、言語障害、学習障害など、様々な障害が組み合わさって発症している例も少なくありませんし、その程度によっても...

発達障害を3つ合併している私。重度のうつ病へ

発達障害を3つ合併している私。重度のうつ病へ

  この記事は20代の女性に書いていただきました。 …………….  私は普段、ヴァイオリニストとして関東を中心に演奏し、時期によっては楽器を持って全国各地を飛び回っています。最近はもっぱらコンサートに呼ばれて演奏する他、ピアノや大道芸とのコラボで屋内...

ADHDの性質により仕事が続かず就労支援施設で働いています

ADHDの性質により仕事が続かず就労支援施設で働いています

  この記事はADHDと診断を受けた20代の男性に書いていただきました。 ……… ●はじめに  私は、成人してからADHDの診断を受けました。ADHDの性質は「多動性」「衝動性」「不注意性」と分類されることが多いですが、私は「不注意性」が目立っています。うつの症状があり、何...

発達障害の二次障害により統合失調症になり入院した経緯

発達障害の二次障害により統合失調症になり入院した経緯

  この記事は20代の男性に発達障害の二次障害(統合失調症)になった経緯について書いていただきました。 ……  これから私(28歳男)が発達障害の二次障害により統合失調症になり、入院した経緯をお話しします。高校生になってから発達障害(アスペルガー症候群とADHDの性質を併せ持っている)...

発達障害による聴覚過敏が原因で退職をすることに

発達障害による聴覚過敏が原因で退職をすることに

  この記事は20代の女性に書いていただきました。聴覚過敏が現れたことで会社に勤めることができなくなった事例です。発達障害の人は聴覚過敏を抱えていることもあります。 …………………………&#...

発達障害の子供が生きやすくなるか生きにくくなるかは親次第

発達障害の子供が生きやすくなるか生きにくくなるかは親次第

  この記事は発達障害の子供さんを育てている女性に書いていただきました。 …….  私は自閉症スペクトラムの診断を受けている息子を育てています。発達障害の知識量が増えるにつれ「あの子は発達障害の傾向があるんだろうな」「あの人が周囲とうまく行かないのは根っこにその傾向があるからかな」等と...

ADHDの性質をカバーするために行うべき対策とは

ADHDの性質をカバーするために行うべき対策とは

   この記事は発達障害のADHDと診断を受けた20代の女性に書いていただきました。 …….  私は発達障害のADHDですが、衝動性は少なく、「不注意性」が優位な性質を持っています。衝動性が少ないのは恐らく大人になってからコントロールする術を身に着けたからです。小学生時代は思ったことを...

発達障害のADHDとはどんな障害なのか。脳が関わっています

発達障害のADHDとはどんな障害なのか。脳が関わっています

   「発達障害」は小さいお子さんがいない家庭ではなかなか聞き慣れない言葉ですが、最近になってようやくTVや雑誌などでも取り上げられる機会が増えてきました。しかし、言葉は知っていても、どういった障害まで知っている人は少ないように思います。ここでは発達障害の中でも特に多い「ADHD(注意欠陥多動性障害)」の特徴...

不注意優勢型ADHDの私の性質。薬を飲むが副作用が続く

不注意優勢型ADHDの私の性質。薬を飲むが副作用が続く

  この記事は20代の女性に書いていただきました。 ………..  私は去年の夏頃に、ADHDと診断を受けました。具体的には「不注意優勢型のADHD」であり、先天性のものだと言われました(不注意優勢型のADHDはADDと呼ばれています)。不注意優勢型は女性に多いようでして、多...

ADD(注意欠陥障害)のお陰で才能が開花しました

ADD(注意欠陥障害)のお陰で才能が開花しました

   先日テレビで、2足歩行の猫を観ました。その猫は生まれつき前足が不自由です。しかし、主人が帰ってきた時に迎えに行きたいがため、動く後ろ足のみで頑張っているうちに歩けるようになったそうです。今では後ろ足が筋肉隆々です。不自由さを克服した猫に心が暖かくなりました。  これは発達障害の人にも当てはまるのではない...

Return Top