発達障害の概要

発達障害には、知的障害、身体障害を伴う場合もありますが、まったく、伴わない場合もあります。。

発達障害について、「生まれつきの脳の機能が異なる」と言う説が現在の主流です。

ところが、凄く単純な方法で治癒できる事例も多くあります。そのような事例を見てみると、「生まれつきの脳の機能が異なる」とはまったく思えません。ほんの少し、他の人よりも、あることに対して過敏に反応している程度と思われます。

医学の常識(主流)は、時代と共に、大きく変化することが多々あります。そして、本質が未解明なうちは、無難なほうに常識(主流)が置かれる傾向があります。

治っている事例が多数あります。「発達障害は治らない」って、決め付けないでください。必ず治るとも言いません。発達障害の病名は、症状に付けられた名前です。発達障害の原因はさまざまです。原因により、即座に治る事例もあるし、治りにくい事例もあります。。

これを読まれているかたが、発達障害の本人やご家族の場合、病気は自分で治すと強い意志を持って、あきらめないでください。





病気を治すのは誰か?

とっても大事なことがあります。発達障害を含め現代で解明できていない病気ほど、病気を治すのは誰かと言うことです。ここを理解できないと、たぶん、この困難な病気は治りません。

医師と思われている人も多いと思いますが、一部の医師を除き、解明されていない病気の場合、医師ではありません。医師は、診断の手引書、学会でオーソライズされていることなどの治療以外は行ないません。違う視点で言えば、診療報酬も明確になっていない治療はできないし、薬の処方も病名ごとで決まっているもの以外は処方できません。

現代では解明できていない病気が多数あります。解明できていないので、治らない人が大半です。ところが、その病気から回復している人も多数います。

現代では解明できていない病気が治るか直らないかの大きな差異は、病気の本人や家族が治そうという強い意思の違いだと思います。

素人なのに無理と思われるかもしれません。医師との付き合いは一瞬なのですが、本人や家族の場合、病気が発症してから、ずっ~と、お付き合いしているのです。生まれてから、ずっ~と、お付き合いしてりるのです。自分の身体のかすかな変化にも敏感に感じることです。

特に、発達障害の場合、日常の生活の中に原因がある可能性があります。それを、見つけられるのは、本人や家族です。



発達障害の分類

発達障害(Developmental Disorder)とは、主に乳児期から幼児期にかけてその特性が現れ始める発達遅延であり、自閉症スペクトラム (ASD) や学習障害 (LD)、注意欠陥・多動性障害 (ADHD) などの総称として使われています。

発達障害は精神障害の中に分類されます。分類の仕方は、ICD-10(WHOの「精神および行動の障害」)、DSM-Ⅳ-TR(アメリカ精神医学会の「精神疾患の分類と診断の手引き」)によって異なります。DSM-Ⅳ-TRのほうが、発達障害としてまとまっていますが、日本で最近使用されるのは、ICD-10のほうなので、ICD-10の分類で記載します。ICD-10の場合、発達障害は、2つの大きな少にまたがっています。



発達障害の原因や回復方法

発達障害の原因は分からず、症状によって分類されてるものだけです。「発達障害」 の原因は多数に渡っていると考えます。

その原因のなかの多くはあるひとつの、大きな意味での原因に起因していると考えられます。次をお読みください。

ライオンと同じ檻の中で寝食を共にした。一本の棒を握り締めて、ライオンが近づいてくるのを防いだ。この状態が、数時間ではなく、数日、数ヶ月、数年間と長期に続くとどうなるでしょうか? 

憂鬱になるでしょう。さらに、物事に集中できない心を閉ざしてしまう多動な行動をとったり、ライオン以外のことには注意散漫、このようなことになるでしょう。

このように、ライオンと寝食を共にした場合、発達障害の色々な症状に合致していることが分かります。

「ライオンは、居ません」って言われますよね。ここでは、分かりやすくライオンとしたのです。 なんらかなストレスなのです。ストレスの原因は、本人にも分かりません。ライオンの代わりのストレスが、次のようなものである場合が想定されます。相互に関連している部分があり、ダブっている部分があります。下記にあげた以外に、他のストレスが原因になっている可能性があります。

  1. 食物アレルギー(口から胃への一般食物)
  2. 食物アレルギー(口から胃へのスパイス)
  3. 花粉・動物・真菌アレルギー(口・鼻・肌から吸入)
  4. 環境汚染物質(芳香族溶剤、フタル酸類、パラベン類)
  5. 代謝異状(ビタミンやミネラルの欠乏、代謝不全、酵素機能不全、腸内細菌の過剰、環境毒素への曝露)
  6. 腸内カンジダの異状
  7. セリアック病(グルテンを摂取すると中毒反応を起こす。軽い場合で自覚がなくても小腸に損傷)
  8. 過敏症・電磁波過敏症・光点滅過敏症
  9. 農薬
  10. 飲んでいる薬・つけている薬
  11. 機能性低血糖
  12. 虐待(通常では虐待とならない範疇も含めての虐待)

食物アレルギーは、数時間で現れると思っているかたが多いと思いますが、 遅延型といわれる範疇があります。これは、自覚することができません。

上記の食物アレルギーを含めて、徐々に犯されていくので、本人含め家族も、まったく分かりません。

なお、他の人には大丈夫でも、その人にはストレスになっていることを忘れないでください。花粉症になる人もあれば、ならない人もあるということです。ある人には効果がなかったからと言って、発達障害の原因ではないと思わないでください。ストレスの原因は、人によって違います。



発達障害の原因調査と回復方法



発達障害の原因や回復方法の書籍紹介

自閉症と広汎性発達障害の生物学的治療法
  • 著者:ウィリアム ショー、価格:¥3,990、出版社:コスモトゥーワン
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 自閉症や発達障害に関する効果的な最新治療法についてのわかりやすいガイド。

 

 

 

 

 



発達障害の概要の書籍紹介

発達障害に関連したお勧め書籍を紹介します。目次を掲載していますから、適切な本を選んでください。




発達障害の子どもたち (講談社現代新書)
  • 著者:杉山 登志郎、価格:¥756、出版社:講談社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 言葉が幼い、落ち着きがない、情緒が不安定。そだちの遅れが見られる子に、どのように治療や養護を進めるか。長年にわたって子どもと向き合ってきた第一人者がやさしく教え

  【目次】


発達障害 境界に立つ若者たち (平凡社新書)
  • 著者:山下 成司、価格:¥777、出版社:平凡社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 一見、普通なんだけど、簡単な計算ができなかったり、ちょっと変わっていたりしている。だから理解されにくく、"居場所"が見つからない…。そんな、「普通」と「障害」の"はざま"にいる彼らは、実は、とても「ハートがピュア」な若者たち。いま悩んでいること、これからのことを彼らが語った。社会に"居場所"を探している"はざま"の若者たちの横顔。

  【目次】


もしかして、うちの子、発達障害かも!?
  • 著者:岡田 俊、価格:¥1,470、出版社:PHP研究所
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 広汎性発達障害(自閉症・アスペルガー症候群)・AD/HD(注意欠陥/多動性障害)・LD(学習障害)。発達障害ってなに?発達障害のある子をうまく育てるコツは?実例をあげて使えるヒントを紹介。

  【目次】


発達障害 母たちの奮闘記 (平凡社新書)
  • 著者:山下 成司、価格:¥798、出版社:平凡社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 他の子とはちょっと違う"はざまの子"たち。彼らを育ててきたお母さんたちは、どんなことに悩み、どう乗り越えてきたのだろうか?生まれたときのこと、学校のこと、そして就職のことなど、子育ての全部を、根ほり葉ほり聞いてみた。『発達障害 境界に立つ若者たち』の続編。

  【目次】



大人の発達障害の書籍紹介

もともと、発達障害は、子供の問題・障害でした。ところが、その子供が大人になって、「大人の発達障害」が、問題化してきました。大人の発達障害に関連したお勧め書籍を紹介します。目次を掲載していますから、適切な本を選んでください。




大人の発達障害―アスペルガー症候群、AD/HD、自閉症が楽になる本
  • 著者:備瀬 哲弘、価格:¥1,365、出版社:マキノ出版
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 友人ができない、仕事がうまくこなせない、生きづらいのはなぜ?「ちょっと変」には理由があった!発達障害を正しく理解すれば、本人も周囲の人も気持ちが楽になる。

  【目次】


もしかして私、大人の発達障害かもしれない!?
  • 著者:田中康雄、価格:¥1,470、出版社:すばる舎
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 誰だって、どこかちょっぴりアンバランス。でも、なんだか「生きづらい」と感じたら、はじめに読む本。周囲の人へのアドバイスも満載。

  【目次】


発達障害に気づかない大人たち (祥伝社新書 190)
  • 著者:星野仁彦、価格:¥819 、出版社:祥伝社
  • 内容
  • ADHD、アスペルガー症候群、学習障害…。子どもだけのものと思われがちな発達障害だが、実は「大人の発達障害」も数多く存在する。その実態から治療法、日常生活での注意点やサポート方法までわかりやすく解説する。




発達障害に気づかない大人たち<職場編>(祥伝社新書237)
  • 著者:星野仁彦、価格:¥819 、出版社:祥伝社
  • 内容(「BOOK」データベースより)
  • 前著『発達障害に気づかない大人たち』で著者が明らかにした、見過ごされる「大人の発達障害」。患者の最大の悩みは、仕事がうまくいかず、職場で孤立してしまうことである。これは当事者のみならず、上司や同僚など周囲にとっても喫緊の課題であり、ひいては、ニートやひきこもりの増加につながっているとの指摘もある。しかし、発達障害の短所と長所を認識することで、これを改善することは可能だ。本書では「職場の発達障害」の対処法について、「時間や約束を守れない」「仕事に集中できない」「上司や同僚とのコミュニケーションがうまくとれない」といった具体的場面に即して、当事者・周囲の人の両面からアドバイスする。

  【目次】

関連サイト





その他の関連書籍

「カテゴリーをブラウズする」の興味のあるカテゴリをクリックしてください。
関連書籍が多数あるときは、下に「1 2 3 4 5 次 > >」が表示されますので、クリックしてください。検索するとそのカテゴリで絞り込むことができます。
   
ここをクリックすると前のページに戻れます