広告

ADHDの診断を受けてから、薬に頼らない対処法が分かりました

ADHDの診断を受けてから、薬に頼らない対処法が分かりました

  この記事は20代の女性に書いていただきました。ADHDの診断を受けた経緯とその後、どのようにその性質に対処していったのか。 …………….. ADHDに気づいたきっかけ 「〇〇(私)ちゃん、これで何回目?ちゃんと聞いてるの?」  バイト先で言われた...

ADHDの私は仕事でのミスが多く怒られてばかり。鬱病になりました

ADHDの私は仕事でのミスが多く怒られてばかり。鬱病になりました

この記事は20代の女性に書いていただきました。 …..  私は発達障害の「ADHD(注意欠陥多動性障害)」と、大人になってから診断されました。  現在は病院に通院していて、カウンセリングなども受けています。私がこの診断を受けるまでの経緯と、これからについて書かせていただきます。 ~学生時代~  私は学生時代...

父親のADHDが原因で家庭崩壊しかけたことについて

父親のADHDが原因で家庭崩壊しかけたことについて

この記事は30代の男性に書いていただきました。親のADHDが原因で家庭崩壊するなんてこともあるかもしれません。 …….. 父のADHDで困った事  私の父親はADHDです。小さい頃はやけに変わっている父親だなと感じていましたが、大人になって心理学を学んでいったら、父親がADHDの症状にピッタリ合...

遅刻や約束忘れの多い発達障害(不注意型ADHD)の私の対処法

遅刻や約束忘れの多い発達障害(不注意型ADHD)の私の対処法

この記事は30代の女性に、不注意型ADHDと気づいてからどのように対処をしていったのかを書いていただきました。 ………  現在、37歳の私(女性)は、大学を卒業してすぐに、地元の中規模出版社で営業職として働き始めました。入職当時は、地域密着型の情報誌(フリーペーパー)へ広告を掲載して...

ADHDの恋人に対して私がサポートしていた方法

ADHDの恋人に対して私がサポートしていた方法

   数年前にお付き合いしていた恋人の男性についてのエピソードです。交際がスタートしてしばらく趣味を共有しながら楽しく過ごしていたのですが、半年ほど過ごしていくうちに様々な兆候が見えてきました。ある日たまたま読んだ本に書かれていた「ADHDの特徴」にぴったり合致していることに気が付いてハッとしました。  この...

ADHDと自閉症スペクトラムを持ちながら働くことの難しさ

ADHDと自閉症スペクトラムを持ちながら働くことの難しさ

この記事は20代の男性に書いていただきました。 ………..  私は20歳の時に「自閉症スペクトラム障害とADHDの合併」という診断を受けました。その時はふっと、今までの人生で感じていた肩の荷が下りたような感覚に陥ったと同時に、なぜ「周りの人のように普通に働くことができないのか」という...

ADHDと診断されるまでの私は苦難ばかり。宇宙人みたいと言われたことも

ADHDと診断されるまでの私は苦難ばかり。宇宙人みたいと言われたことも

  この記事は発達障害のADHDを抱える30代の女性に書いていただきました。 …….. 学生時代の苦難  発達障害のADHDと診断を受けたのは最近ですが、思い起こせば昔からその性質はあったように感じます。一番の問題は人間関係が作れないことです。  小学校は、大人しく、自分の意見が言えな...

私が行っているADHDの症状への対策

私が行っているADHDの症状への対策

  この記事は20代の男性に、ADHDの症状への対策について書いていただきました。 ……..  私は現在20代(男)で発達障害者です。分類としてはADHDに当たると診察されました。企業に勤めていて、営業を主に担当しております。  今回はADHDを私が如何に工夫して克服やトラブルを起こさ...

ADHDと自閉症スペクトラム障害の合併と診断された息子の特徴

ADHDと自閉症スペクトラム障害の合併と診断された息子の特徴

   この記事は発達障害(ADHDと自閉症スペクトラム障害)の息子さんを育てている女性に書いていただきました。 …….  息子がADHDと自閉症スペクトラム障害の合併と診断されていますので、その特徴を中心に書いていきます。 療育センターに行くきっかけ  市の実施している一歳半検診の時に...

息子のADHDの症状は注意欠陥と衝動性が強く、多動性は弱い

息子のADHDの症状は注意欠陥と衝動性が強く、多動性は弱い

  ADHDは脳の機能トラブル  ADHDの正式名称は「注意欠陥多動性障害」。「注意欠陥(注意力の欠如)」・「多動性」・「衝動性」の3つを主な症状とする先天性の脳の機能障害です。誤解されがちですが、親の育て方や本人の性格などのせいで起こるのではありません。  どの症状がどの程度強く出るのかは、個人差がとても大...

Return Top