広告

親と子が発達障害である場合、子どもへの支援が遅れる懸念

親と子が発達障害である場合、子どもへの支援が遅れる懸念

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……  子どもが発達障害と診断された後に、実は親もそうだったと気づく事は少なくないようです。発達障害が女性より男性の方が多いというのもあり、お父さん側が実は発達障害だったという話は周囲でもよく聞きます。  今回は我が家のケースを取り挙げて、親と子が...

4つの会社を首になった発達障害の兄が見つけた働き方とは

4つの会社を首になった発達障害の兄が見つけた働き方とは

この記事は20代の女性に、「妹から見た発達障害のお兄さんの働き方」について書いていただきました。4つの会社を首になったという発達障害の人によくあるパターンですが、どうやって切り抜けたのか。 ………… 幼少期〜学生時代の兄  子供の頃の兄は健康そのもので病気になる事もほとん...

発達障害児が受けられる支援の種類とその問題点について

発達障害児が受けられる支援の種類とその問題点について

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 …………  発達障害児が抱える課題は、一人一人全く異なります。自閉スペクトラムに注意欠陥障害、多動性障害、言語障害、学習障害など、様々な障害が組み合わさって発症している例も少なくありませんし、その程度によっても...

発達障害の子供が生きやすくなるか生きにくくなるかは親次第

発達障害の子供が生きやすくなるか生きにくくなるかは親次第

  この記事は発達障害の子供さんを育てている女性に書いていただきました。 …….  私は自閉症スペクトラムの診断を受けている息子を育てています。発達障害の知識量が増えるにつれ「あの子は発達障害の傾向があるんだろうな」「あの人が周囲とうまく行かないのは根っこにその傾向があるからかな」等と...

Return Top