広告

ADHDの恋人に対して私がサポートしていた方法

ADHDの恋人に対して私がサポートしていた方法

   数年前にお付き合いしていた恋人の男性についてのエピソードです。交際がスタートしてしばらく趣味を共有しながら楽しく過ごしていたのですが、半年ほど過ごしていくうちに様々な兆候が見えてきました。ある日たまたま読んだ本に書かれていた「ADHDの特徴」にぴったり合致していることに気が付いてハッとしました。  この...

発達障害の夫と子どもの間に立つ妻の精神的な負担。病むこともある

発達障害の夫と子どもの間に立つ妻の精神的な負担。病むこともある

この記事は30代の女性に、夫と子どもの間に立つ妻の苦悩について書いていただきました。 …..  私の夫はかなり我が強く、すぐに感情的になり一方的に怒ったり、話し合いを持とうとしても話が噛み合わなかったり、こだわりが強く新しい事をやろうとしなかったり、不安も強く、妻である私が常に一緒じゃないと嫌がる…など、や...

ADHDと自閉症スペクトラムを持ちながら働くことの難しさ

ADHDと自閉症スペクトラムを持ちながら働くことの難しさ

この記事は20代の男性に書いていただきました。 ………..  私は20歳の時に「自閉症スペクトラム障害とADHDの合併」という診断を受けました。その時はふっと、今までの人生で感じていた肩の荷が下りたような感覚に陥ったと同時に、なぜ「周りの人のように普通に働くことができないのか」という...

親と子が発達障害である場合、子どもへの支援が遅れる懸念

親と子が発達障害である場合、子どもへの支援が遅れる懸念

この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……  子どもが発達障害と診断された後に、実は親もそうだったと気づく事は少なくないようです。発達障害が女性より男性の方が多いというのもあり、お父さん側が実は発達障害だったという話は周囲でもよく聞きます。  今回は我が家のケースを取り挙げて、親と子が...

4つの会社を首になった発達障害の兄が見つけた働き方とは

4つの会社を首になった発達障害の兄が見つけた働き方とは

この記事は20代の女性に、「妹から見た発達障害のお兄さんの働き方」について書いていただきました。4つの会社を首になったという発達障害の人によくあるパターンですが、どうやって切り抜けたのか。 ………… 幼少期〜学生時代の兄  子供の頃の兄は健康そのもので病気になる事もほとん...

就職しても続かない発達障害の私。上司の指示が理解できない

就職しても続かない発達障害の私。上司の指示が理解できない

 この記事は30代の女性に書いていただきました。発達障害を抱える人にとっては就職して仕事を続けることは大変なことです。 ……..  4年前に発達障害(ADHD)の診断を受けました。今にして思えば、幼い頃からたくさんの人がいる場所や、協力して何かをやり遂げることが苦手で、怖いものや苦手なものがとに...

アスペルガーの性質によりパニック障害になり、リストカットへ

アスペルガーの性質によりパニック障害になり、リストカットへ

   この記事は30代の女性に書いていただきました。アスペルガー症候群の性質がいかに自身を苦しめるのかが分かると思います。パニック障害やリストカットを経験しているくらいですので、その苦しみは想像を超えています。 ……………..  私は、成人になってか...

アスペルガー症候群で人間関係は苦手だけど超能力はあります

アスペルガー症候群で人間関係は苦手だけど超能力はあります

    この記事は「アスペルガー症候群の私は会話が苦手で、想像力が弱い」の続きです。 大学生になって  勉強はやればできる方だったので、私は薬科大学に合格しました。小さい頃から薬は大好きで、お菓子を薬に見立てて遊んでいました。アスペルガー症候群をはじめ自閉症スペクトラム障害の人は興味がない分野は集中...

アスペルガー症候群の私は会話が苦手で、想像力が弱い

アスペルガー症候群の私は会話が苦手で、想像力が弱い

この記事はアスペルガー症候群の30代の女性に書いていただきました。 ……… 学校にいくのが辛かった小学時代  私は30代の女性でアスペルガー症候群と診断を受けています。子供の頃から、喋れない人でした。何を喋っていいのか分からないのもあったのですが、友達がいなかったために喋る相手もいな...

自閉症スペクトラムの二次障害で強迫性障害になった夫について

自閉症スペクトラムの二次障害で強迫性障害になった夫について

  この記事は30代の女性に書いていただきました。 ……….  私の夫は高校生の時、友人関係のトラブルから自閉症スペクトラムの二次障害である「強迫性障害」(不安障害)を発症しました。  友人関係のトラブルの理由は詳しく話を聞いたことがないのですが、発達障害の人は悪気は無くて...

Return Top